美月惟花のブログ

心理テストや占いについてのエピソードをご紹介

「占い師になるには?」

最近のことですが、電話で聞かれたことがあります。「占い師になるにはどうしたらいいでしょうか?そちらでスクールはされていますか?」

占い師のスクールはありますよね。通信でも手相や四柱推命の資格が取れるという教材が売っていたりします。

占い師で商売するのには資格は必要ないのです。しかし、最近は流行ってきているのか、占いの通信教育や教室が普及されて(?)いるからか「占い師になるには資格がいる」と思いこんでる人もいます(゚∀゚)民間の資格と国家資格をごっちゃにしてはいけませんよ・・(^^;)

確かに、占いの技術を取得するのに、教材を買ったり教室に通うのは手段の一つです。ただ、その資格をとったから、そこの教室を卒業したからと言って生計立てられるほどの収入を保証してくれるわけではないです。あくまでも「技術を得るための手段」です。

ちなみに私は占いの学校も行ってませんし通信教育の教材も買っていません。

だからといって、民間の資格をとる必要はないとは言いません(´・ω・`)どこかの学校にいけば、そこの先生のツテとか紹介とかで集客の足しになるネットワークがあるかもしれません。また、通信教育では、ホームページの作成など商売を始めるための準備の手助けになるサービスがあったりもしますので、「占い師をして稼ぎたいけれど何から始めればいいかわからない」という初心者にはいいかもしれないです。ただ、お金がかかりますから、その投資した分の収入を得られるかどうかというのは不明です。それが起業というもので、他のお仕事も同じだとは思います。占いができる、〇〇ができる・・技術を取得したからといって、技術をお金にすると言うのは、何事も簡単ではありません。

占い師の資格をとってもとらなくても、「占いやってます」と商売を始めることは簡単です。ただ、お客様が来るか?と言う話です。

エステサロンをすでにお持ちの方に「マッサージやフェイシャルエステは疲れるから、話すことだけで収入を得たいわ」と、占いを習って占いをメニューに加えるという話も聞いたことがあります。エステは女性がメインターゲットですし、女性で占いが好きな方は多い。顔見知りで信用できる相手なら占いしてみようかと思うお客様もいるでしょうし、なかなかいい作戦です。当たるかどうか知らないけれど・・(^^;)

すでにマーケットをお持ちで、「付け足し」感覚で占いをメニューに加えるというのなら、どこかの学校で(どこでしょうね・・)受講料払って占いの資格を得るのもいいでしょう。ただ、それ一本で生計を立てようとして資格を得るのにあえて占いを選ぶことはないと思います(^^;)占い師歴15年の私が言うから間違いないです。

「占い師になるには」、占いができるようになればいつでもなれます。ただ、集客するのが簡単でないこと、固定の収入を得るのが困難な商法です。

じゃぁ「なんで(私が)占い師になったのか?」と言うお話しは明日のブログで('ω')

 

この後は心理テストをお楽しみください(^_-)-☆

 

私はパソコン教室に通って自分でHPを作りました。大したレベルのものではありませんが(^^;)自作のHPはこちら↓

◆「占い師 美月惟花 HP」http://www.mizukiyuika.website/