美月惟花のブログ

占い師 美月惟花のエッセイ&漫画

「恋愛占い『いい出会いがある』は99%外れる」

「〇〇さんの占いで『〇月には出会いがある』って言われたのに、何もなかった!」怒るお客様(^^;)そうそう、その人・・・・当たらないんですよ・・・。人柄がよく博識なので、「人生相談」するにはいい人なんですが、占いは、当たらないと定評があります(^^;)どんまい!

私は、恋愛、結婚については手相で見ます。何歳頃になったら、結婚する人と出会う、あるいは、生涯、結婚には無縁かな、とか(^^;)結構残酷だとは思います。若い方にありがちなのは、今すぐ恋人がほしいのに、出会いは数年先だなんて言われたら( ゚Д゚)私だってショックですわ(^^;)でも、それが本物の占いです。しかし、お客様に未来を予言するだけが仕事ではないとも思います。結婚したいと願ってる人に「結婚は一生しないでしょう!はい終わり」って、お前何様か?って怒りたくなりますよね(^^;)お客様にお代を頂いて不愉快な思いさせて帰らせるのは・・。お客様がご希望でない未来が見えたときは、言い方やフォローの仕方に気が張ります。

かの有名なナポレオン専属の占い師ルノルマンだって、たまに占いは外れたことはあったようです。どんな命中率を誇る占い師でも、外すことはあります。だから、占いの結果が必ずそうなるとも言えない。いいことでも、悪いことでも。「当たるも八卦当たらぬも八卦」それが占い。良くない暗示が出たら予防や対策を備え、起こらなかったらそれでよし、起こったら起こったらで、対策がとれる心の準備ができている。占いを信じるとしても信じないとしても、そうやって生活の知恵の手助けになるかと思います。

これが、案外ダメな結果を招くのが、恋愛占いの「近々いい出会いがある」。ドラマや漫画みたいに、占いの予言通りにロマンチックなストーリーが始まればいいのですが(^^;)案外、外れてがっかりする話の方が多い。なぜでしょう?

私が思うに、変に期待して浮足がたつからじゃないかと。「どうせ私にはいい縁一生ないんだわ」とマイナス思考で生きるより、「いい出会いがあるんだ♪」と明るく生きた方が確かにはいいけど。人にもよると思いますが、過度な期待や度が過ぎた浮かれ方をすると、関わる人たちへの感謝の気持ちを忘れて、「いい気」になって「傲慢」になって、運気が下がるんじゃないですかね(^^;)

手相にラッキーな徴が出ても、努力しないとその徴が消えるとか、何も起こらないとか聞きます。

うーん(゜-゜)いい結果は伝えやすいけど、伝えたことで、本人のためになるかは、性格見て判断しないと。難しいですね(^^;

そりゃ、恋人と別れたばかりとか、失恋したばかりの人に「近々いい出会いがある」って伝えたら、本人様は嬉しいでしょう。でも当たらなかったら?逆に期待させてガッカリ、そして恨みの矛先を占い師に向ける方だっているんですよ(^^;)要注意です。

「先月出会うって言われたんですけど?」「来月よ、来月」「今年出会うって言われたけど?(今年はもう終わるが何もない)」「来年よ、来年」

こう言うやり取り、何回も見てきました(^^;)占い師が、占いではなく、適当にその場しのぎの結果を伝えているのか、お客様が、いい運気があっても、生かせていないだけなのか。どっちでしょうか(^^;)

どんな占いの結果が出ても、いい方向へ向かって行ってほしいですね。

いい結果を言っても悪い方向へ向かうんだったら…伝えない方が(^^;)

こんな風に、占いはとっても奥が深いんですよ。

簡単に「来月出会える」「来週出会える」「すでに出会っている」と言う占い師には要注意です。あてずっぽうの可能性が否めない上に、逆に運気下げられるかも・・?

 

◆「占い師 美月惟花 HP」http://www.mizukiyuika.website/

◆「美月惟花の店」https://www.mizukiyuika.online/