美月惟花のブログ

占い師 美月惟花のエッセイ&漫画

「当たる占い師と当たらない占い師の見分け方」

ズバリ、「リピート率の高さ」「紹介での来客数の多さ」この2点です。

前回と前々回お伝えしたように、ネットの紹介や口コミ(口コミすらお金で買える時代・・?)が当てにならないので、どこで見分けるかはそこでしょう。

私の店は、リピート率は高い方がと思います。また、友達から聞いて、って来られるお客様が多いです。

それは、マーケティングがさほどうまくいってない(お金をかけてない)から、ほとんど紹介制でのお客様になってるだけかもしれませんが(^^;)

こちらとしては、リピートのお客様、ご友人からの紹介で来られるお客様は、ありがたいですし、ちょっと実力が認められたような気がして自信になります(^_-)-☆

1年近く、お店をオープンして、占いだけでやっていく厳しさを痛感したのは、リピーターのお客様、友達を紹介してくださる方がいらっしゃっても、占いって毎月、毎日通うジャンルでないこと(^^;一回見てもらったら、しばらくはいいかなぁ、と自分がお客様の立場でもそう思います(^^;)だから、常に新規のお客様を開拓しないと商売にならないのですが、それがなかなか(1番?)難しい。どこの業界でもしょうでしょうけど。

だから、当たる占いでも、経営が厳しい(^^;)・・?笑えません。

しかし、当たらない占いでも、マーケティングができている、あるいは膨大な広告費をかける資産がどこからかゲットしているのか、借金なのかどうか知らないけど、宣伝がうまくいってるところは、新規のお客様が来る。で、お客様が満足であろうとそうでなかろうと、一度来られたら、しばらくは来ないもんだし、当たらない占い師でも、占いできてると思ってしまう(?)、そして、また新規のお客様が来る(その分、マーケティング料をどこからか捻出してるかもしれませんが)。

ハッキリ言ってお客様の立場では、どこが当たる占い師なのか、わかる手段がない(^^;)「当たる占いだった」と実際に行った人から直接の評判を聞くしかないのです。

ネットは詐欺ですからね(ここまで言うか?)。名前と占いの種類が間違って紹介されていることをとことん根に持ってネット記事の信用性を失いつつある私。

口コミだって、すべてが信用できることかどうか、わからないです。口コミサイトって、批判は簡単に載せられない仕組みになってることが多いです。行ってもないのにいいよ、いいよ、って書いて、商品券もらってる人もいるようです。同じ意見を同じ業種に店に載せてる人って、それでしょう(^^;)

誰が、当たる占いかどうかわかるって言ったら、占い師本人でしょう。

①リピート客がいない

②紹介で来る客がいない

③来るのは、広告効果の新規のお客様

これは、占い師として成功しているのではなく、商売として成功していると言えます。占いの能力でなく営業力。羨ましいような、そうでないような・・・。

あら、私そうだわ~っていう占い師さんがいたら、そういうこと。

前回書いた「当たらない占い師」さんのところへ行った知り合いがいるんですが、二回目は無い(リピートはしない)って言ってましたね。

いつ、当たらないことに気付くのかなぁ・・・。商売として成り立ってるから、本人もできてると思ってるんでしょうね。どんまいです(^^;)

占い師自身が、自分の占いは当たらないとか言うことはないですしね。でも私の占いは、本物ですよ(^_-)-☆

美月惟花HP 占いの予約はここから→ http://www.mizukiyuika.website/    

美月惟花の店 厄除け・魔除けのドクログッズ販売→ https://www.mizukiyuika.online/

 美月惟花のInstagram 手作りのお菓子や商品の紹介https://www.instagram.com/mizukiyuika/