美月惟花のブログ

占い師 美月惟花のエッセイ&漫画

今日の一言36「富山県は美肌県!!」

f:id:mizukiyuika:20171114063025j:plain

『ニッポン美肌県グランプリ2017』で、株式会社ポーラ(本社:東京都品川区、社長:横手喜一)は、2017年日本で1番美しい肌を持つ「美肌県」を、富山県に決定したというニュースを、数日前にテレビ番組で知って驚きました。そして嬉しい♥

裏日本やら、日本海側の県で、美人は1県飛ばしの県に多い、富山は外され(お隣の新潟県と石川は美人県)、米騒動の歴史で女性は働き者だが怖いやらあまりいいこと言われないイメージでしたが、この統計で物を言わせた結果は快挙ですね!もともと、米どころで水がきれいで、雪国で日照時間が短いことから、色白は多いと言う定説はありました。ただ、米どころ(田んぼ多い)で、女性は働き者が災いして(?)、外仕事で日焼けしてせっかくの色白が・・・というのは感じたことありましたが(^^;)今は、働く女性も美しい時代!!

統計方法は、様々ですが、湿度が高いのもポイントのようです。今年は湿度高かったですからね(^^;)夏でも湿度70%近くになった記憶が(^^;)肌に良い湿度は70%だそうですが、(高ければ高いほど、乾燥しないからいいのですが)冬は、暖房で乾燥するので、加湿器使って湿度をあげましょうとのことです。でもそれって、冬の湿度です(^^;)夏の、30度超えの気温での70%の湿度なんて、蒸し方がやばいです(^^;)中学校の理科で習いませんでしたか?飽和水蒸気曲線と言って、気温が高ければ高いほど、飽和水蒸気量の数値が軒並み高くなっていくこと(^^;夏の湿度70%なんて、ムシムシムシムシ・・・。いくら美容にいいからと言って、不快指数も高まっているはず(^^;)さらに、日照時間の短さは、気持ちを鬱鬱とさせます。晴れて日差しのある日は気分が晴れやかになりませんか?富山は、冬になると、まず青空の日はほとんどありません。雪国に自殺率が高いのも、日照時間の少なさが関係しているそうです。美肌県1位=1年で、湿度の高い日差しの当たらない日が日本一?ジメジメでイライラ、どんより雲で、鬱鬱とした気持ちに陥りやすい環境でもあります。ん~(^^;)美しさとは常に危険と隣り合わせ?

仕事や家事で働く富山の女性達、湿度や日照不足に負けず、肌だけでなく心も美しくなれるよう、頑張りましょう(^^;) 働くのもいいけど、リフレッシュもしてくださいね。